- 「広報」や「編集」の概念を常時アップデートしていく感じで -


高岡にも良いバーちっかあれんな!!!(金沢〜高岡あたりの訛りで感情を表現)

大学から首都圏に出てきたので富山・高岡や金沢で遊んでたのは 18 歳までで、バーなどはもちろん知識ゼロでした。しかし東京・千葉でバー文化にハマった身としては、地元のバー事情を知らんだら北陸出身の酒飲み言えん思てぇー、ここ数年くらいで金沢・高岡のバーをまわりはじめたが(県外在住民による高岡弁アピール)。

酒飲みとしてのスペックはこのへんの記事を読んでいただければなんとなく伝わるかと。

参考記事

オーセンティックなバーの客の中では若い部類ですけど割といろんな方に可愛がっていただいて高等な教育を受けてきたので、初心者〜中級者におすすめできるレベルには達していると思います。あと日本ウォッカ協会の特別会員です(言いたいだけ)。

で、現地調査の結果だいたいわかってきたところですが、富山県高岡市・高岡駅前のバーの特徴は

  • 営業年数だけなら老舗が多くて銀座みたい(千葉とか渋谷より長い)
  • お隣の金沢に比べたらマイペースにひっそりやってる店が多い
  • その分安い(チャージは¥500~800・カクテル¥800 程度・サービス料なし)
  • 平均年齢が高いせいか、季節のフルーツカクテルよりはモルトやスタンダードカクテルを飲む感じ(フルーツ・創作系は金沢・片町のほうが強い)
  • バーテンダーのエンターテイナー感というか地元の愉快なおっちゃん感が強く、接客・トークスキルは高い(地元民が行ってるからかも。東京から出張で来たって言うとかしこまった接客される可能性もあり)

という感じ。

そうなると、バー狂いとしては高岡のオーセンティックバー・ショットバーでおすすめを挙げるとなると銀座とも千葉とも違う感じになります。どっちかというと錦糸町あたりからチョイスする感覚になるのかも。

出張サラリーマンにおすすめ「ガスコン スピードクラブ」

  • 酒の種類が豊富な老舗で修業されたので知識はあり、
  • 原料にこだわってカクテルをつくっており、
  • 高岡では割とキャリアが長い店主(※店舗自体は諸事情で移転したが割愛)で、
  • 田舎らしい良心的な会計

という点で、富山・高岡という地方のバーとしては最も総合点が高い。

外装、内装、店主の風貌すべてにおいて “オーセンティック” とはかけ離れているが、高岡民からすると高岡らしさはあるので、「いつも飲んでいる店からクオリティをあまり落とさずに」「その地方の雰囲気を楽しみたい」という需要であればおそらくパーフェクト。

オーセンティックらしさを満たしつつかしこまった良い店に行きたいなら金沢まで足を伸ばしましょう。特に片町の「Bar Spoon」へどうぞ。

バー初心者(地元民とか)におすすめ「インゴッド(Bar INGOD)」

高岡にもなんやかんやでカクテルバー、ショットバーはそこそこあるということがわかりましたが、お隣の金沢と比べると(会計が超良心的な分)フレッシュフルーツを置いてる店が極端に少ない。不景気や増税でも価格を維持するためにはロスを減らそうってなるんすかねやっぱ。

ということで、こちらのお店はフルーツカクテルを都会のオーセンティックバーのように “普通に” 出しておられる店なのでこっちでは割と貴重。フレッシュフルーツは地元・北陸のものを使ってるのがうれしいですが、原価が上がる分高岡駅前のウリである良心的な会計からは少し外れるかもしれないのでそこは要注意。

高岡駅前では中堅という扱いだが千葉とか渋谷の感覚だと割と歴史が長い部類。そのキャリアの中では女性客や若い客も多そうな印象で、高岡の中では一番 “普通の” バーかな。ちなみに店主は呉東出身の方なので高岡人からするとやさしい印象。






カップルにおすすめのカクテル&ショットバー「イブ(EVE)」


バーテンダーというよりはエンターテイナーがいる店。オーセンティックというか何でもありの野戦病院。

コースターを使わず、カクテルを置くところを下からライトアップしているので、ものによってはめっちゃ綺麗に見える。オーセンティックにこだわりがある人は顔をしかめるかもしれないがそこは高岡(田舎の商業都市)なので。

老舗ではあるがカクテルの味は取り立てて言うことはなく、バーに通い慣れている出張サラリーマンにはあまりおすすめしない(たぶんそういう人が満足できるのは金沢のスプーンくらいなのだが)。どちらかといえばこれをたまたま読んだ高岡の若い人に行ってみてほしい。

朝方には泥酔した客の要望で養命酒カクテルをつくったりもしてるらしく、名作漫画「バーテンダー」に出てくる北方さんの「North Wind」に近い。

あとカップルにはおすすめですが付き合ってない状態で口説きにいく店ではないのでそこは注意。ここに連れていっても雰囲気は作れない。

ウィスキー好きにおすすめのモルトバー「ハリーズ高岡」

大手資本なので品揃えは安定。尖ったモルトを入荷したもののなかなかハケずに棚が圧迫される…という千葉郊外のバーみたいなことにはならない。

個人経営店ならでは味のようなものはないが、高岡という田舎でも普通にモルトを飲める場所があるというだけで一定の価値はあり。あと数十年前からずっとシャッター通りである高岡駅前地下通りで営業されてる時点で地元・高岡人たちからの評価は最高。

都会でレアなウィスキーを飲み漁っている人が出張で高岡に来たからといってわざわざ行く価値があるかと言われれば微妙っちゃ微妙。とはいえ上記のとおり高岡人にとっては希望なので「カクテルよりはモルト」という方なら売上に貢献してほしいお気持ちはあります。

余談:県外に出ていった人間にとって田舎は厳しい

年に1度のお客さん。
夏休みに帰省して立ち寄ってくれるお客さん。
ありがたいことでごさいます。
そして、帰り際に
「マスター、また来年来るから、やっててよね。」
知るかそんなもん。
やってて欲しかったら、最低毎月帰ってこいや。
https://ameblo.jp/gascon69/entry-12511410911.html

あー、金沢のお気に入りの店で「また 3 ヶ月か半年くらい経った頃に来ます!」って言ってきたわぁ。愛着はあるけど毎月帰ってくるがもなかなかだやくさい(富山弁)よね。結構遠いし。だいたい新高岡駅&富山きときと空港とかいう無能な交通拠点が悪いんやけど。

都会で鍛えられた酒飲みによる、地元・高岡駅前のバーおすすめ集(カクテル・モルト好き・初心者向けなど用途別)



ちゃんとした企業と仕事をすると、契約段階で「使っているセキュリティソフトや情報漏えいを防ぐための施策について」記述してほしいと言われることもありますよね。

ウェッブ系中小ベンチャーだとそもそも漏えいするような情報もないせいかガバガバだったりしますけど、それはあくまでウェッブ業界の闇ということで、特にシャカイジンである我々はセキュリティ施策はちゃんとしておかなければなりません。

わたしの在籍した会社ではセキュリティ施策を疎かにしてたゆえに結構ヤバいアタックをくらったことなどもあり、そのへんのおかげで重要性を理解しました。つまりヤバい損失を防ぐためにある程度はコストをかけるという。保険みたいなものですが 20〜30 代インタネッツ民にとってはたぶん保険より大事。

ということで、Avira の Pro 版、を筆頭にもろもろがパッケージ化された「Avira Prime」を契約してそこそこ経ったので、現状をまとめました。

なぜ Avira にしたか + 使ってて感じるいいところ

ちなみに Avira Pro 自体は 7 年ほど使っており、初契約はそのとき。無職期間に無料版に戻したりとかはありましたが割と長い。

検出率が高いと評判

鈍感よりは敏感なくらいのほうが信頼できるのがセキュリティソフトというもの。

セキュリティ方面に強い知り合いに「一番かどうかは置いといて Avira で大丈夫か」と聞いたところ「検出率高いほうだからいいんじゃない」という回答だったのでまぁ大丈夫だろうと。

たまに誤検知もあるのはご愛嬌。

Antivirus Security Pro(有料)版はファイアウォール、メールスキャン、USB スキャンなど多機能

まさに総合セキュリティソフトという感じで、オールインワンな存在です。試しに海外のエロサイトとか適当にアクセスしようとすると Avira さんが全力で止めてくれたりします。

Avira Prime には VPN など便利ソフトがいっぱい同梱

私が契約しているのは Avira Prime ですが、これは

・セキュリティソフト(ファイアウォール込み)
・パスワードマネージャ
・VPN(容量無制限)
・動作最適化ソフト
などなど

が、デバイスの台数無制限で使えます。自宅 PC、自宅タブレット、持ち歩き PC、メインスマホ全部 OK。

仕事柄、そのへんのカフェやコーワキングスペースで作業をすることもあり、VPN はマストといえます。セキュリティ施策としてはパスマネも重要なのでこれがついてくるのもうれしい。

盗難防止装置としても

有料版の Avira Security を入れたデバイスはすべて「My Avira」というページで管理することになり、デバイスの所在地も表示されます。

管理ページからは音を鳴らすとかロックするとかの遠隔操作ができるので、パソコンやスマホを紛失した場合は別のデバイスから対応することができます。

※ただスマホなどを拾ったのが知能犯で、Wi-Fi、4G 通信、位置情報を OFF にした場合はさすがに無力

Prime や Pro ライセンスは頻繁にタイムセールがある

海外版ソフトウェアってたまにこういうのありますよね。

某脳トレソフトなんて「クリスマス限定セールで有料ライセンスが 25%OFF! この機会を逃さないで!」ってメール送ってきた 1 週後に「ハッピーニューイヤー! 今なら 30%OFF で買えます!」って送ってきましたからね。

Avira も無料版を契約してるとアホみたいに限定セールのポップアップ(消せなかった)が出ます。
ただ、スルーしかけたポップの中に最上級プランである上記の「Avira Prime」のセールがあり、私のときは 120 ドル / 2 年 でした。

単体でも年間 50 ドルとかなので、少なくとも確実に使う VPN が同梱でその値段は破格。ってことで契約の決めてになりました。

少なくともあんだけセールやってるなら定価で契約するもんではないですね。たぶん値引き前提のプライシングなので。あとファイアセールを待てる余裕があるなら 1 ヶ月無料体験くらいだとそんなにお得感ないかなぁ。

アイコンがかっこいい

赤い傘。kakkoii。割とこれがでかい。

Avira のデメリット

概ね「余計なことをする割にはエラーが多い」という感じ。

iOS つまり Mac との相性が悪い(Avira Phantom VPN が使えない問題)

2018 年はとにかくこの問題に悩まされた。Avira Security というか Avira Phantom VPN ですが。

「不明なエラー」とかいって VPN 接続ができない状態が続き、有料ソフトとは思えない体たらく。あれ VPN 単体で契約した人はブチ切れ案件だったのでは。

流暢なジャパニーズ英語でクレームを送ったところ「iOS と相性が悪いみたいなんだよねごめんね、今度のアップデートで直る予定だから待っててよ」との返答があり、数ヶ月待たされてようやく VPN 接続が復活。そしてその数日後にまた「不明なエラー」で接続不可能に。笑えない。

2019 年からはいつのまにか App Store で DL する形式になっており、とりあえずは iOS と仲良くなってエラーが解消された

…かと思いましたが余裕でエラー起きて接続できないこともあり。IPsec 接続=ルーター側で許可が必要なせいか、場所によっては使えないみたいです。何箇所かで試しましたがほんまに場所による。とりあえずベローチェはいける。

iPhone は持ってないのでわかりませんが、少なくとも Macbook で作業してる人たちは期待しすぎないこと(テザリングの準備は必須)。私は 2 年契約してるのでアレですが。

ライセンスの認証でエラーが頻発する

Google, Apple の二大巨頭に翻弄されているせいか、Avira 製品はアップデートのたびに My Avira(デバイス一括管理画面)で認識されなくなります。

  • 盗難防止のための所在地確認ができなくなる
  • セキュリティスキャンのログが残らなくなる
  • My Avira 上で認識されないので一度アンインストールして再インストール → 認証できない(無料版のまま)

みたいなトラブルが頻発してきました。

有料ライセンス持ってるのに認証できずに無料版を使わされる問題は、一度 My Avira 上でデバイスごと削除してデバイスを再認証 → 管理画面上から Avira Antivirus Security をインストール、という流れで解決しました。

基本的に 「詰まったらデバイスやソフトウェア(+キャッシュ)を削除 → 再度新規で入れ直す」という作業が求められる ので、結構めんどくさい。

最適化するはずの「Avira Speedup」が割と重い



キャッシュ削除やデフラグをやるためのソフトですが、バックグラウンドでも結構メモリを食いながらカリカリ作業しています。

しかしセキュリティスキャンのように実作業をやっているわけではなく、あくまでスキャンをしているだけなので、ただ重くなっているだけで特に最適化されているわけではありません。

加えて「キャッシュこれだけあるよ!削除しよう!」「デフラグしよう!」みたいなポップアップを出してくるのでさらに重くなる。地獄か。

そのへんの作業は確かに定期的にやったほうがいいのですが、毎日のようにバックグラウンドでスキャン+ポップ配信とかやられるとさすがにアンインストールする。

ソフトウェアアップデータもひたすら重い上にミスる

「Software Updater」とは、パソコンの中にインストールされているアプリケーションやランタイムなどをスキャンし、最新版でなければその場でダウンロード→インストールしてくれます。

つまりは特定のバージョンに脆弱性が見つかったり、提供者がセキュリティ的に推奨しなくなっている場合などのアラートに気づかなくても、自動的にリスクを回避してくれるというわけです。

ただ、これもまたひたすら重い。重いだけならまだしも、結構失敗する。Windows Update までこれで管理しようとしてるせいで、

Avira 上で Windows Update → 失敗 → パソコン本体で Update やり直し

という重複作業まで発生する始末。

そんなわけでいろいろアップデート失敗することにキレてアンインストールしました。

--

まとめ

私は 2 年契約縛りとはいえ結構なディスカウントがあったのでコスパ的に考えたらまぁ悪くはないと思います。

しかし Macbook の VPN 問題が解決されないようだと更新はどうかなぁというところ。持ち歩きデバイスが Windows/Android の場合とかはセール狙って長期契約結んでおくのもアリなんじゃないでしょうか。

Avira Antivirus Security の Pro(有料)版を使い続けてるのでそろそろレビューを書く 評判ほど悪くはないがデメリットもあり


冊子の選手名鑑があまりにアレすぎて 4 ページ墨塗りにしても構わないと思いまして、今季もシアトルの選手最新情報をまとめたいと思っていた。

他チームのファンの人もやろう。あの選手名鑑ちょっと読む価値なさすぎ(買わないとは言っていない)

2018-19 シーズンの SEA 総括

10 勝 6 敗(NFC WEST 2 位 / NFC 第 5 シード)

一流どころである CB・シャーマン、SS・チャンセラー、DE・エイブリル&ベネット、TE・グラハム、DT・リチャードソンが抜けた他、CB・シェッド&レーン、TE・ウィルソン、WR・リチャードソンなどのレギュラー陣も一気にリリース。
若手をどんどん登用して再建を打ち出したシーズンは開幕 2 連敗(プレシーズン全敗なので 6 連敗)、さらに OC とウィルソン、首脳陣とトーマスが揉めるなど不安しかない立ち上がりとなった。

その後は低迷するチームになんとか勝って勝率 5 割付近をウロウロしつつ、GB・CAR・MIN というプレーオフ候補チームに連勝して一気にビッグウェーブに乗る。そして今季絶好調の KC を倒してワイルドカードを決め、気づけば安定の 10-6。序盤のカオスが嘘のように「スロースターターの SEA(序盤は死んだフリ、劣化版ペイトリオッツ)」が復活した。

なお好成績を残した割にプロボウル選出は MLB・ワグナーと P・ディクソンのみ。これはスタッツ的に飛び抜けた選手が少なく、週代わりでヒーローが現れた今季を象徴している。ここぞの場面…の一歩前段階あたりでブロック要員の FB・マッデン、OT・ファントへのパスなどの奇策を使ったり、DT・ジョーンズや CB・キングなど D# のデプス下位の控え選手がいきなり輝いたりと、まさにチーム全員の力で勝ちきった印象。

シアトル・シーホークス選手一覧をファンが主観で紹介(2019-20 NFL 中盤戦時点)

おすすめのウォッカや、入門〜中級のブランデーに関してはそれぞれブログに好き放題書いてきましたが、クラフトジンというビッグウェーブには乗り切れていないのが現状。

ただジンに関してはジーヴァインやジン・ドーズのようなフランス産のトチ狂ったやつが一番好きなので、ジンというよりはウォッカやリキュールに近いような変わり種、オシャレなやつなんかを探しに行ってまいりました。


https://www.ginfest.tokyo/

世界の各地方から集められた 100 種類以上のクラフトジンが試飲できる日本初の大型ジンイベント「GINfest.Tokyo 2018」。試飲は 10ml で 100 円という破格のお値段で、実質 15〜20ml くらいドバドバ注いでくれてたので、ジン好きやアル中にとっては感涙のイベントでした。


私がアクセスを稼ぎたいだけのブロガーだったら「会場はこんなにオシャレなところで〜」「ジンは個性豊かでどれも美味しくて〜」「ジンの世界は奥深いので気になるところからぜひチャレンジしていきましょう!」という 2 秒で書けるような記事にするのですが、そういうのはそういう人に任せておいて、結構ガチめのレビューをしていきます。

なおフランスと北欧中心なので、オランダとかドイツのスピリッツが好きな方はそっち方面の手練れを探してくださると助かります。ジュネヴァとかボトル多すぎて追いきれんし。

ル・ジン クリスチャン・ドルーアン(フランス産・薬草系)

「GINfest TOKYO (ジンフェスティバル)」でフランスと北欧中心にクラフトジンをいろいろ試してきたのでレビューする


「なんやねんおすすめって。誰にとってのどういうおすすめやねん」と思ったあなたはきっと話が合う。特にバーともなればコンセプトの振れ幅がすごい。くせがすごい。

オーセンティック(王道)なバーの情報はオフラインで聞くのが一番いいし、お店のほうからも「(ミーハーな客きてもどうせ常連にならないし)あんまネットに書かないで」ってよく言われます。アブサンがインスタ映えするからって一瞬そういう流れが来るかと思いきや一瞬で終わったしな。

ただ、バー業界のどん詰まりっぷりを見ると、カクテルやウィスキーに興味がある初心者でも入りやすいお店ってのはもっと広まったほうがいいのかなと。

ガチガチのオーセンティックバーは入りづらいという声もよく聞かれますが、ああいうのは慣れです。まずはそんなにおカタくない店でバーのルールや酒の最低限の知識を覚えた上で行けば特に怖いことはありません。怖いのは珍しい酒を見つけて勢いのまま飲んでしまったときのお会計だけです。

【入門知識】最低限これだけは守っておこうというバーのルール

千葉・西千葉・幕張本郷・船橋あたりの「初心者におすすめのバー」の話をしよう


NFL クラスタ以外にアメフトの話題を持ち出すにはアイシルを引っ張り出すしかないという状況が NE の天下ばりに続いてるのもどうかとは思うのですが、NE 弱体化と新しいアメフト漫画のヒットどっちが先かという感じですからね。

--

あえて DIGITAL 版を貼って 2014 年の漫画みたいに見せかけてますけど、もう 15 年以上前ですからね。いつ読み返してもいい漫画です。

いくらいい漫画だからといって必要以上にこじつけるのは NFL ガチ勢の方々のお気持ちを察しろという話もありますが、わたしもカープファンとしてプロカープ女子がよくわからんメディア露出をしてるアレを憂鬱症のペンギンのような目で見てましたのでよくわかります。ただまぁアレよりは真面目にやるので、きっかけと思ってよろしくお願いします。

まず、スーパーボウル進出権を争った 2018 年 NFL プレーオフから振り返り

視聴者数は 1 億人以上、全米が注目するスーパーボウルは、AFC と NFC という二つのリーグの代表チームの戦いを指します(やきうのセとパみたいな感じ)。4 地区制のレギュラーシーズンが終わったらすぐに上位の 6 チームでプレーオフを開催し(地区優勝は通過点なので日本のやきうほど名誉ではない)、勝者をリーグの代表チームとして選ぶのです。

2018 年の SB 52 (ソフトバンクの川崎宗則のことではない。第 52 回スーパーボウルの略称)出場チームは、両者ともにプレーオフでまさに死闘といえる試合を制して勝ち上がってきました。

今年もスーパーボウルの注目選手や見どころを #アイシールド21 に強引にこじつける季節がやってまいりました(2018 年版)


結論としては、

インハウスの編集・ライターが事業会社内で期待される働きは “マーケ × PR” って感じなんで、「自分の仕事はいい文章を書くこと」というこだわりを捨て、「つくったもので事業の成長や売上にどれだけ貢献したのか」をクリアにさせること、あるいは圧倒的な愛嬌とコミュ力でねじ伏せろ

という話です。

当たり前の話ですが、インハウスの編集・ライターの理想形は、「うちの編集者は “ものをつくる” ことでめっちゃ事業の成長にコミットしてくれるなぁ」と認められる地位か、「めっちゃいいコンテンツつくれるからあの人は別に売上とかで測らなくてもいいんじゃないか」という地位を築き上げることです。

が、そんな当たり前のことだけを note や Medium に書いて終わるのも芸がないですし、これまでずっとインハウスの PR Editor として仕事をしてきた自分ならではの視点も交えて、もうちょい掘り下げようという記事になります。

最近は Web 編集者のキャリアの可能性なんていう文脈で、インハウスでのエディターが今後もっと求められるのではといった願望っぽい話がたまに聞かれるようになりました。

ですが、実際に企業が求めているエディター像と、世の中にたくさんいるエディター・ライターのスキルセットやマインドは結構ズレがあると思っています。そのへんを変えていくと、世の中における我々の地位も少しはマシになるはずです。

では Short ver. 終了ということで、ここからは Full ver. となります(文字数は 10,000 字ほどです)

※ この記事は 編集とライティングにまつわるアレコレ Advent Calendar 2017 企画への寄稿?です。

【体験談】事業会社の1人目のインハウスエディターとして入社し、他の職種の人たちとうまく付き合うために必要なスキルと心構え